Top

たまに何か書いてます。
by miibo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
ネコ
金魚
写真
ピアノ
音楽
学校
家族
友だち
気持ち
日常
気になるもの。
洋裁
ごあいさつ
その他
未分類
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
以前の記事
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
more...
ブログジャンル
"Filmstrip1" Skin by Animal Skin
エルその後

糖尿病になったエルのその後です。

しばらくは注射を打つ以外はあまり変わらない生活をしていたのですが、だんだん元気が無くなっていってごはんも食べなくなってしまいました。

毎日病院に通っても具合は悪くなる一方で、一時、もうダメかもと諦めた時もありました。実際単身赴任してるダンナに「もうダメかも……」ってメールもしました。12歳のエルが18歳のルパンより先に逝くなんてこと考えてもいなかったのでショックでショックで泣きました。……が、なんと、その後持ち直してくれました(^^;)。娘と一緒にエルを撫でながら流した涙は一体……?(笑)

ちょうどその一番具合が悪かった日、病院が休診日で、それでも先生は(前日に)休診日だけど対応するよと言ってくださっていたのですが、病院が開くまでの時間が待ちきれず、結局もう少し早く開院する病院(今のルパンのかかりつけです)に連れて行きました。

祝日だったのでそちらの病院も本来午前診療でしたが午後4時まで点滴をしてくださって、でも連れて帰ってきた時にはゼイゼイ言いながら口で息をするような状態。目つきも悪く、これまで見送ってきたネコたちの最期と同じように見えたので「苦しいならもう、無理しなくていいよ」と声をかけたりしていました。

それでもなんとか無事(?)一夜を過ごし(私は徹夜で、翌日目が(見え方が)おかしくなっていました。歳を取ってから無理するとこんな風になるんだなってびっくり)、今はまだ自力でごはんは食べないので私が強制給餌していますが(24時間絶食すると肝リピドーシスという病気になるので無理にでも食べさせなくてはならないのです。実際ちょっと黄疸が現れ、ヤバかったです)だいぶ以前(糖尿病と診断を受けたばかりの頃)に近い状態になってきました。


強制給餌というと、ドロドロのフードを針のない注射器に入れて口の脇から流し込む……というイメージでしたが(実際そうやるのが普通、というか、多いと思います)エルはドライフードを丸呑みできるので、糖尿病用のドライフードを一粒ずつ口に入れてます。先生は「これはとてもラッキーなこと」とおっしゃって、私もそう思いますが、とはいえ素直に食べてくれる筈もないので私の右の人差し指や親指は穴だらけです(^^;)。先生は上手に口を開けてポイッと入れちゃうんですが、家で私一人ではそう上手くもいかず、ぺッと吐き出しちゃうのをなだめながら2~3時間ごとに一粒一粒地道に入れてます。

とても一日の所要量は満たせませんが、それでも一時期5.4kgまで落ちた体重が5.6kgに(病気の診断を受けた頃は6.6kg)、わずかですが戻りました。ほんの1ヶ月ほどで1kgも減っちゃうんだから糖尿病恐ろしや、です。


そんなこんなでせっかく再開したピアノも3回ほどレッスンを受けてやむなく中断。とてもじゃないけど練習する余裕がありません。でも、エルが落ち着いたらまたやりたいなとは思っています。

あ、またそろそろ強制給餌の時間がやってまいりました。では!


b0092658_10585611.jpg
なぜか最近また兄弟仲良く寝る姿が(たまにですが)見られるようになりました。(左がエルです)

b0092658_10590695.jpg
変な寝方してたのでパチリ!

b0092658_10591614.jpg
ルパン「ん?」

シャッターの音で起きちゃいました。



[PR]
Top▲ | by miibo | 2016-12-08 11:03 | ネコ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< あけましておめでとうございます。 | ページトップ | エルが! >>